HOME » 【物件別】江戸川区で不動産購入する際の注意点まとめ » 江戸川区の不動産相場【戸建て編】

江戸川区の不動産相場【戸建て編】

江戸川区の戸建て購入

都内有数の観光スポットである葛西臨海公園を有する江戸川区は面積・人口ともに多く、都心で働く人の居住エリアとして人気のエリアです。23区内としては相場が少し低めなので、リーズナブルな戸建て物件を見つけやすいのも特徴です。

江戸川区の戸建て情報

再開発計画のある一之江駅の周辺などを中心に戸建て物件が多く建てられている江戸川区は、戸建て購入を検討している方におすすめ。物件数が多いため、希望の条件に見合った物件を探しやすいエリアです。

江戸川区で戸建てを購入する際の注意点

東京都の最も東に位置し、千葉県とも隣接する江戸川区は都会と郊外両方の雰囲気を持ったエリアです。戸建て物件を探す際に注意したいポイントをまとめました。

火災が起きた時を想定する

下町の雰囲気が残るエリアが多い江戸川区ですが、古い戸建て物件も多く残っているため、火災発生時のことも想定しておきましょう。特に家同士の間隔が近い都内では、火災発生時の燃え移りが発生しやすいです。周辺家屋との位置関係や距離、防火性能の低そうな家がないかなどよくチェックしましょう。

盗難耐性をチェックする

江戸川区に限った話ではありませんが、古い造りの街並みはセキュリティが良くない場合が多いため、昔ながらの住宅街は空き巣被害に逢いやすい傾向があります。 見通しの悪い場所、人通りのない袋小路などは窃盗者から目を付けられやすいため、物件周辺エリアの盗難耐性についてもよく確認してください。

耐震性をチェックする

荒川や江戸川に囲まれ、東京湾に面する江戸川区では、地震への耐性も必要です。建物自体の耐震性能はもちろんですが、地盤の強度についても調査結果などをよく確認しましょう。大地震の際に液状化の危険がないか、軟弱地盤ではないかなど、自治体のホームページなども確認してみてください。

江戸川区のマンション相場と物件事例

江戸川区内の戸建て物件相場と、実際の物件事例をいくつかピックアップして紹介します。予算検討の目安として参考にしてください。

江戸川区の戸建て物件相場

国土交通省が発表する公示地価では、2019年の江戸川区の平均地価は129万8,192円/坪となっていて、全国27位です。土地価格が最も高いのは西葛西・葛西エリアを中心とした東京メトロ東西線エリアで、北部に向かうほど安くなる傾向があります。

江戸川区の物件事例

不動産情報サイトなどからピックアップした、実際の物件情報をご紹介します。

西瑞江3丁目

価格 3,090万円
アクセス 都営新宿線 一之江 徒歩8分
築年数 新築
間取り 3DK
専有面積 51.57㎡

※2019年12月23日時点の情報です。

※参照元:【SUUMO】(https://suumo.jp/ikkodate/tokyo/sc_edogawa/nc_93189354/bukkengaiyo/)

江戸川1丁目の物件

価格 3,780万円
アクセス 都営新宿線 瑞江 徒歩12分
築年数 新築
間取り 2LDK
専有面積 44.12㎡

※2019年12月23日時点の情報です。

※参照元:【SUUMO】(https://suumo.jp/ikkodate/tokyo/sc_edogawa/nc_92946834/bukkengaiyo/?fmlg=t001)

北小岩5丁目の物件

価格 3,880万円
アクセス 京成本線 京成小岩駅 徒歩6分
築年数 新築
間取り 4LDK
専有面積 92.88㎡

※2019年12月23日時点の情報です。

※参照元:【SUUMO】(https://suumo.jp/ikkodate/tokyo/sc_edogawa/nc_92651205/bukkengaiyo/?fmlg=t001)

 
ページの先頭へ
江戸川区に住むなら!おすすめ不動産会社なび