江戸川区に住むなら!おすすめ不動産会社なび » はじめての不動産購入基礎知識 » 江戸川区水害・浸水リスクについて

江戸川区水害・浸水リスクについて

江戸川区の河川について

江戸川区は、西端を荒川と中川で区切られ、東端には東京湾から流れる江戸川が横切り、南端には東京湾が広がっています。

また、船堀には新川、浦安市との境には旧江戸川が流れています。そのほか、小さな川が各地を横断しています。

河と湾という大自然に恵まれた江戸川区特有の土地は、区内に緑ゆたかな大地をもたらしました。

しかし同時に、江戸川区は高潮・決壊・氾濫といった水害の危険にさらされ続けていることもまた事実です。

江戸川区のこれまでの水害

以下の表は、過去に江戸川区で発生した水害をまとめたものです。

年月 風水害名 浸水原因 浸水戸数 被災者数
明治43年8月 長雨 利根川・荒川決壊 3,654戸 13,500人
大正6年10月 台風 高潮 流出破損3,425棟 死者240人
昭和13年9月 台風 高潮 23,000戸 1,000人以上
昭和22年9月 カスリーン台風 利根川決壊 30,506戸 132,991人
昭和24年8月 キティ台風 高潮 12,545戸 62,324人
昭和33年7月 台風第11号 内水氾濫 6,599戸 28,312人
昭和33年9月 狩野川台風 内水氾濫 41,683世帯 185,046人
昭和36年10月 台風第24号 内水氾濫 23,844世帯 94,496人
昭和41年6月 台風第4号 内水氾濫 4,064世帯 10,200人
昭和46年8月~9月 台風第23-25号 内水氾濫 1,973世帯 約8,000人
昭和56年10月 台風第24号 内水氾濫 10,289世帯 31,383人

この表を見ても分かるように、江戸川区は長きにわたって水害に遭ってきました。

そのなかでも甚大な被害をもたらしたのは、昭和22年9月のカスリーン台風がきっかけとなって起こった大洪水です。

利根川が氾濫したことで広範囲にわたる流水エリアが浸水被害を受け、10万人以上の人が亡くなったとされています。無事に生き残った人々も家族や財産を失うなど、この大洪水は江戸川区に大きな傷跡を残しました。

さらに11年後の昭和33年9月、住民たちに再び天災が降りかかります。狩野川台風が到来し、豪雨によって大規模な内水氾濫が起きたのです。区内に住む41,683世帯が被害を受け、185,046人が命を落としました。

建設技術の進歩もあり、近年は河川の氾濫・堤防の決壊による大規模な洪水被害は起きていません。しかし頻繁に発生する異常気象や大地震など、また新たな危険が迫ってきています。

豪雨による内水氾濫、大地震が引き起こす津波災害……江戸川区は現在でも、多くの水害リスクと隣り合わせなのです。

参考元:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/e062/toshikeikaku/saigainitsuyoi/machidukurijoho/anshinmachidukuri/suigai.html

今後の水害リスク

まず、実際に水害が起こった場合について解説します。

仮に大洪水が起きて江戸川の堤防が決壊した場合は、江戸川区だけでなく、首都圏全体が被害を受けることが予測されます。

被害範囲は約530平方km、世帯数は約80万世帯、人口約232万人と想定されています。そのダメージは計りしれず、人口・資産・情報・交通機能が集積した首都圏に大きな被害が及んだ場合、機能不全に陥る可能性も考えられます。

他県で発生した最近の水害も見てみましょう。平成25年8月に発生した、秋田県・岩手県を中心とした記録的な豪雨は、川の増水や土砂災害を引き起こしました。数名の死者や行方不明者も出ています。

2年後の平成27年9月には、関東・東北で記録的な大雨が降り注ぎ鬼怒川が決壊。関東各地に甚大な被害をもたらしました。

さらに平成29年6月、西日本を中心に九州北部豪雨が発生。前年には地震被害にも遭っていた熊本県は、この豪雨でさらにダメージを受けました。

このように、近年では連続的に記録的な豪雨が続いており、各地に甚大な被害をもたらしています。他県の被害とはいえ、川や湾に囲まれる江戸川区も、他人事ではないのです。

参考元:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/e062/toshikeikaku/saigainitsuyoi/machidukurijoho/anshinmachidukuri/suigai.html

江戸川区で今後の水害に備えておくべきこと

まず財産を守るためにするべきことは、水害(水災)補償への加入です。火災保険と一口に言っても、会社や商品によっては水害補償に対応していないこともあります。

大洪水により財産を失ってしまった時、水害補償が無く大きな損失を被ってしまった……という事例はめずらしくありません。

日常でも、水害被害を最小限におさえられるように備えておくとベストです。いつ水害が発生してもすぐに逃げられるよう、非常食・飲料水・懐中電灯などを詰めた非常時リュックを用意してください。

避難場所や避難経路は常に頭の中に入れておき、いざ災害が起こった際は迅速に安全圏へ逃げられるようにしましょう。

まとめ

江戸川区では今でこそ目立つ被害はないものの、水害に見舞われるリスクは常にあります。水害への備えは念入りにしておきましょう。

常日頃から水害への備えと確認をおこたらないようにすることが、あなたの命を救うのです。

ページの先頭へ
【免責事項】
「江戸川区の物件情報に強いおすすめ不動産会社をご紹介【不動産会社なび】」は2021年1月時点の情報を元に作成しています。
正確な情報の掲載を心掛けていますが、最新の情報については各社に直接お問い合わせをお願いします。
江戸川区に住むなら!おすすめ不動産会社なび