HOME » はじめての不動産購入基礎知識 » マンション購入で後悔・失敗した理由

マンション購入で後悔・失敗した理由

不動産購入者が後悔・失敗したと感じている理由とは

騒音問題で後悔

マンションは複数の住人が居住する「共同住宅」です。生活音が聞こえてくるのは仕方ありませんが、これが大きなトラブルに発展してしまうこともめずらしくありません。

騒音問題は年々増加しており、上階・隣人の足音やテレビ音、近隣工場の騒音など、マンション内外問わずさまざまな苦情が挙げられています。当事者同士の和解に持ち込むことも難しく、失敗事例の中でも特に深刻な問題のひとつです。

部屋選びの失敗

快適な部屋に見えていても、いざ住んでみると間取りや設備、外への行き来が不便で後悔する人も多いです。

キッチンやトイレなどの位置が遠い、日当たりや風通しが悪く不快など、実際に暮らしてみないとわからない不便もあります。

特に多いのが「思ったより部屋が狭い」というものです。家具を置いた後の広さも考慮しなくては、後々の不便に繋がってしまうのです。

周辺環境・立地での失敗

マンション周辺の環境が思ったよりも騒がしい、もしくは閑散としていて寂しい…など、住む前とのイメージギャップに苦しむ人も少なくありません。

会社や学校まで遠くて通いづらい、公共施設が少なく暮らしにくいなど、生活上の不便に悩まされることも人も多いです。

修繕費・ローンなど金銭的な負担の失敗

資金計画の際、高い購入費に気をとられてしまい、ローン返済額や維持費といった後々の支出がおざなりになってしまうケースも多々見られます。

資金計画が甘いと、購入後に大きな経済負担がのしかかり、金銭のやりくりに困ってしまうことも。最悪の場合、せっかく購入したマンションを手放してしまう事態にも発展します。

近隣住民・隣人トラブルで後悔

近隣住民や隣人とのトラブルは、当事者双方の和解が必要になるため、特に解決が困難な問題の1つ。

国土交通省の「平成30年度マンション総合調査結果」によると、居住者間のトラブル発生における原因は生活音(足音・テレビ音声など):38.0%、違法駐車:19.0%、ペット飼育:18.1%との結果が出ています。

注意した所で解決しない場合がほとんどであるうえ、そうして生まれた近隣住民との軋轢がより深刻な事件を招く可能性もあります。何としても避けたい失敗です。

不動産購入で失敗しないためのポイント

不動産購入の成否は、事前の情報収集にかかっていると言っても過言ではありません。

現地に足を運ぶだけでなく、マンション周辺の環境・施設も入念に調査しましょう。もちろん資金計画の見直しも重要です。

不動産購入で失敗しないためのポイントを掴み、トラブル発生を未然に防ぎましょう。

騒音問題で失敗しないために

マンションを購入する際、物件の周辺環境はよく調べましょう。現在だけでなく、過去に発生した問題・トラブルもチェックしておくべきです。

万が一トラブルが発生してしまった場合は、以下の相談先へ連絡しましょう。

騒音の分類 分譲マンション 賃貸マンション
隣人や上階の騒音 理事会 管理会社
工事などの騒音 理事会 管理会社
近隣工場などの騒音 役所の相談窓口 役所の相談窓口

不動産選びで失敗しないためのポイント

部屋選びで失敗しないために

部屋を選ぶ際、設備が充実しているかを見ることも重要ですが、フロア全体の広さや位置取りなども確認すべきポイントです。

内覧の際は、家具を置いたときに狭くならないか、家族が増えても部屋が足りるか、隣の建物で日当たりや風通しが遮られないかなど、実際に住んだ時の不便性も考慮して行いましょう。もし可能であれば、リノベーションを検討してみるのも1つの手です。

立地で失敗しないために

マンションを購入した時点で良い立地条件だったとしても、その後の周辺環境やライフスタイルの変化で、暮らしにくくなってしまうこともあります。

土地を選定する際は、転職や出産による利用施設の変化や、マンション管理規約の変更に伴うリフォームなど、将来の環境変化に応じた長期的なプランニングを行いましょう。

金銭的な問題で失敗しないために

マンション購入後に金銭問題が発生する原因は、資金計画の甘さです。

高い初期費用に気を取られ、ローン返済額を始めとした購入後の支出が計画に組み込まれていないこともあります。

一般的に、マンション購入にかかる費用は年収の7~8倍と言われています。ライフプランを考慮して返済完了までの収入と支出を計算し、余裕のある資金計画を立てましょう。

近隣住民・隣人トラブルで失敗しないために

近隣住民・隣人トラブルは簡単に解決できるものではありません。

解決に成功した事例は、管理組合内の話し合い・管理業者への相談がそれぞれ約5割近くを占めており、当事者間での対話で解決できた例はたったの2割です。

この結果は、近隣住民との和解がいかに難しいかを物語っています。当事者との対話が難しい場合は、弁護士や公的機関などしかるべき機関に相談しましょう。

 
ページの先頭へ
【免責事項】
「江戸川区の物件情報に強いおすすめ不動産会社をご紹介【不動産会社なび】」は2021年1月時点の情報を元に作成しています。
正確な情報の掲載を心掛けていますが、最新の情報については各社に直接お問い合わせをお願いします。
江戸川区に住むなら!おすすめ不動産会社なび